トップの5本柱

トップワールドの5本柱
トップワールドではお客様の満足度向上、また社会を構成するひとつであるという認識をもち、5本の大きな理念をかがげ、日々邁進しております。




 品質へのこだわり

まず何よりもおいしさを大切にします

大量入荷によって商品価格を抑えることが一般的なスーパーマーケットの優位性であるならば、私たちは特異かもしれません。 「安ければいい」という安易な発想に陥ることなく、とことん品質にこだわった商品構成。 「スーパーの商品って、こんなにおいしいんだ」といったイメージを、私たちが築き上げていきます。
新鮮な産地直送商品が自慢です

青果・鮮魚・精肉の生鮮3部門における産地直送商品は、トップワールドの人気を支える一番の目玉です。 バイヤーたちが全国の産地に足を運び、その目で見極めた食材を厳選。 採れたその日もしくは翌日には店頭に並べることができるよう、物流の迅速化も図っています。
生産者との繋がりが見える信頼作り

お客様に安心いただける食材をお届けするため、私たちは生産者の方々と確かな信頼関係を築くことを心がけています。 例えば産地直送品の場合、売場に生産者の方々の顔写真を掲載。お客様からのご好評はもちろん、時おり生産者の方をお店に招いた際も 「私たちの写真が出ているよ」と誇りに感じていただいています。


 地元に根ざした活動

全国展開を考えず、地元にこだわった店舗展開

出店エリアを地元・大阪北東部にほぼ限定し、地域密着型事業を進めてきた点が私たちならではの特徴です。 「地元の人々に、より新鮮でおいしい食材をお届けする」ことこそを自らの使命ととらえ、スケールメリットを追求する大手スーパーチェーンとは 一線を画した事業活動を貫いてきました。
地元の皆様に愛され、着実に成長を重ねてきました

私たちをかわいがってくれる地元のお客様のおかげで、私たちは誇りと自信をもって「品質第一」という姿勢を貫き、しっかりと着実に、 歩み続けることができました。これからも地元に根ざし、地元で愛されるスーパーとして、私たちは自らの存在価値を高め続けていきます。
全国展開している大手にはない強みも持っています

店舗が各地に点在している他社とは違い、大阪北東部に店舗が集中しているため、より効率的な物流を行うことができます。 おいしい食材を新鮮なうちに、そしてより価格を抑えるための工夫がしやすいというのが、私たちならではの強みとなっています。


 独自の店舗づくり

コンセプトは「食の情報発信基地」

洗練された外観、いつも清潔な店内、ゆったりと広い通路、明るく爽やかな内装、商品が見やすく手に取りやすい棚の配置。 「より高品質な食材を」というこだわりをトータルな演出で表現し、お客様に「ここに来れば、なにか新しいモノに出会える」といった発見を 提供できる店舗を創り上げています。
店長を中心とした、現場重視の店舗経営

スーパーチェーンはその中枢機能が本部に集中しがちですが、お客様に最も近い現場である店舗での活動を重視し、 その最高責任者である店長に大きく権限を委譲しているのも、私たちの特徴。売場づくりやディスプレイの工夫も、 店長を中心に各店で独自に展開しています。
全店の販促企画やサービス向上も店長たちが

各店の店長全員を『販促班』『接遇班』などいくつかの班に分け、各班で全店の販促企画やサービス向上計画などに取り組む、 といったユニークな体制をとっています。 お客様と接する機会の少ない「本部」ではなく、お客様を知りつくした現場の目での店舗づくりを 推進しているのです。


 PB(プライベートブランド)商品開発

品質を追求すると、PBに行き着きました

徹底して品質にこだわる私たちは、どこの店でも売っているような商品では満足しきれませんでした。 豆腐・麺などで、独自のPB(プライベートブランド)商品を開発・販売。材料の吟味から加工の過程まですべてを手掛け、 お客様に自信をもっておすすめできる商品をつくりあげています。
レシピまでオリジナルの手づくり惣菜も

例えばカキフライでは、フライに適したカキを独自に探し、これを産地直送で入手。各店舗で衣をつけて揚げるなど、 調理もすべて自分たちの手で行っています。そのレシピもバイヤー自らが試行錯誤の中で編み出し、これを全店にしっかりと指導することで 「トップならではの味」を完成させています。
業界のテーマである安全性の問題もクリア

私たちのPB商品においては、生産者の顔も、肥料やエサの成分も、処理場や加工場も、すべてバイヤーが現地に出向いて確認しています。 自らの目で確かめているからこそ、ありのままをお客様にご説明さしあげ、本当の安心をいただける。私たちのPBへの取り組みは、 このような背景もあってのことです。


 環境への配慮

売れ残りを減らすための販売管理システム

地球環境への配慮は、今や全世界の課題。私たちも、自分たちにできることはないかと考え、積極的な環境保全施策を実行しています。 例えば、売れ残って廃棄処分しなければならない商品が大量に出ることを避けるため、販売管理システムを活用。 確かな売上予測に基づいた、ムダのない仕入れを推進しています。
限られた資源を大切にするための取り組み

各店では、牛乳パック回収ボックス・トレイ回収ボックスを店内に設置。限られた資源のリサイクルに努めています。 また買い物袋を持参されたお客様に割引きポイントカードを進呈。ビニール袋を減らし、地球環境に優しいスーパーマーケットの あり方を追求しています。